英語の勉強や学校の手続き以外でやっておくべきこと

学校等の手続きはお任せいただければ問題ありませんが、日本にいるうちにやっておいた方が良い事をお伝えいたします。英語のお勉強に関しましてはこちらの記事をご参照ください。

英語を英語で学ぶための下準備

余裕を持って希望渡航時期からさかのぼって1年前から計画をしておいた方がスムーズな留学ができるかと思います。
理想としては、

希望渡航予定から1年前から計画を立てる

渡航

帰国(いつ帰国するか、帰国後はどうするか)

ここまで計画できたらいいのですが、中々うまくいかないですよね。
では、まずはこの渡航前にしておいた方が良い事を時系列別でご紹介いたします。

渡航予定日からさかのぼり1年前~6か月前

健康チェック

何といっても健康一番。若いから大丈夫‼なんてことはありません。若くても病気はするのです。まずは本当にオーストラリアに行ける健康状態なのかを調べましょう。特に気になる症状(例えば週一回ぐらいひどい頭痛をするとは、よく下痢をするなど)があれば、必ずお医者さんに話しましょう。1年前に1回、半年前にもう1回、出発1か月前にもう1回、合計3回ぐらい行けたらすごく良いです。

虫歯チェック

多くの生徒様が渡航前に歯医者に行っておけばよかった・・・っと嘆くほど歯科治療が高額です。全然大丈夫だろっと思っていたところ、飛行機の気圧で眠っていた深い虫歯がうずいて到着直後に歯医者に行くなんてことも。本当に歯は大事です。そして日本の歯科は保険が適用になる反面、治療に時間を要したりします。
ですので、1年前から歯医者に通ってしっかり全部完璧に治療をされることをお勧めいたします。そして、いきつけの歯医者さんには1年後に留学することを必ず伝えましょう。

簡単に作れる料理をマスターする

物価の高いオーストラリアで生活するには自炊が必須だと心得てください。今まで全く料理をしたことない方だと渡航後困ってしまう生徒様もちらほらいらっしゃいます。最低限の野菜の切り方や栄養価が高くて簡単にできるサラダやスープなどマスターしておくと良いと思います。もし余裕があれば渡航後にお友達ができてホームパーティーなどした時にふるまえるように、人気の唐揚げとかお好み焼きとか手巻き寿司とかもマスターしておくとここぞという時に役に立ちます。

日本について説明できるようにする

オーストラリアにきてお友達を作る際に”リアルな日本の情報”があるとすごく良いです。例えばですが一番は旅行、観光地などが話題にでやすいです。(例:スキーをしに長野に行くオーストラリア人も多いので、他のエリアでスキーでおすすめの場所の話をしたり、北海道や沖縄など気候が異なる場所の話、東京と大阪の違いなど)
次に食べ物です。やっぱりお寿司は大人気ですので、話題になります。中には日本人は全員寿司にぎれるだろうぐらい思っている人もいるので、職人技・またはロボットが必要なことは言及必須です。そして最近では日本のウィスキーがとっても大人気で高級品として有名です。お酒が苦手な方はどんなウィスキーが人気で日本だといくらぐらいで買えるとかそんな知識だけ頭に入れておいても会話になります。
そして文化。温泉について説明したり日本のクリスマスはケンタッキーを食べるとか20歳になったら成人式があるとか、食べる前にいただきますって言うとか。異性についての話もやはり盛り上がります。日本のカップルはこんな感じとか一般的な日本男児の特徴についてなど。最後に日本の経済や歴史についても聞かれることもありますので、しっかりニュースを見ておきましょう。
ここまで長くお話ししてしましましたが、これらのトピックを英語で説明できるようにすることが大切です。

”リアルな日本の情報”のまとめ

  1. 旅行・観光地
  2. 食べ物
  3. 文化
  4. 日本の経済・歴史

留学する都市のことを詳しく調べよう

オーストラリア留学はまずは都市選びから始まります。すでに行きたい都市が決まっていれば、現地の情報を集めながら行きたいところリストを作ったり、イベントを調べたりしてモチベーションをあげましょう。
今ならインスタなどでも気軽に情報を得ることもできますし、その都市やエリアの治安はどうかなども大切です。

渡航予定日からさかのぼり6か月前~3か月前まで

ビザの取得の準備をされたり、すでに申請手続きなども始まっている時期かと思います。
全て順調に進んでいる方は航空券なども早期予約で安く購入できたりします。航空券の取得は必ずビザが下りてからするようにしてください。この時期は意外に忘れがちなお手続きをしましょう。

クレジットカードを作る

現地到着後、VISAかマスターカードのクレジットカードが1枚でもあると大変便利です。現金派の方も何かあった時のお守りとして1枚作成されることをおすすめいたします。

SIMフリーの携帯電話を用意する

もしちょうど買い替えの時期の方は今のうちからSIMフリーに変えて新しい電話に慣れておきましょう。
携帯電話のSIMに関しての記事はこちら

携帯電話はSIMフリーを購入するかSIMロック解除しましょう

日本の銀行口座のアプリを持っておく

日本の口座の中の残金などオーストラリアでも確認できるようにしておくと便利です。

Googleマップのアプリをダウンロード、使い方に慣れておく

オーストラリアにきて、何度Googleマップに助けられたことか数知らず…
本当に必須です。是非使い慣れてきてください。

渡航予定日からさかのぼり3か月前~出発まで

お仕事などをされている方は休職・退職の日にちなども決定し、引継ぎ等で忙しい中での準備になるかと思います。学生の方も学校に行きながらのご準備で焦ることもあるかもしれませんが、ここはどんっと構えていきましょう。

市役所・区役所での手続き

保険や税金等の絡みがあり市町村によって異なるので必ず窓口に行って早めに聞いておきましょう。何が必要でどんな手続きが必要か、転出届の事などしっかり窓口の方とお話しをしメモを取りましょう。実家暮らしの方もいらっしゃるかと思いますが誰かが助けてくれるという甘い考えはこれを機に捨ててしまいましょう。自分の問題は自分で解決する。海外にいる間、家族に迷惑をかけないようにする。それだけも成長の1歩です。

国際免許証の取得

オーストラリアで運転するかも…..という方は運転免許センターで簡単に取得できますので出発前に取得されても良いと思います。期限が取得してから1年なので、出発前ギリギリで取得したほうが良いかもしれません。
1年以上オーストラリアにいらっしゃる方の場合は、こちらに渡豪されてから日本の免許を書き換えしてオーストラリアの運転免許証を取得するという方法もございます。こちらはパスポート級のIDとなりますので取得するととっても便利です。

海外送金の準備をする

オーストラリアでの生活費の準備は勿論、そのお金を使うための準備をしましょう。
海外送金手数料もできるだけ安くお得に、なおかつ安全に送金したですよね。
私がおススメするのはマネパカードですが、最近利用されてる方が多いトランスファーワイズが今後マスターカードとタックを組んでクレジットカード機能付きで安い手数料で送金ができるのでもし利用可能になればそれを作成するというのでも良いかもしれませんね。

マネパカードについて
https://card.manepa.jp/

トランスファーワイズについて
https://transferwise.com/jp/

まとめ

学生の方も社会人の方も合間をぬって準備をなさると思います。慌てて準備をして良い事はありません。是非余裕を持ってし忘れたことはないか確認しながら準備をしましょう。

オーストラリア留学・ワーホリについて
無料でご相談お承ります

ーこんなお悩みを抱えていませんか?

・予算を抑えて留学をしたいけれど可能なのか…
・ワーホリから学生ビザに切り替えて長期滞在したい‼
どうすればいいの?
・自分に合った学校・コースがわからない…
・日本へ帰国後が不安…英語力の証明が欲しい…

そんなお悩みがある方は、
オーストラリア政府教育省認定機関の留学エージェント
MP Education and Migration Servicesにお任せください‼
MP Education and Migration Servicesは2011年に設立された
留学・移民法コンサルタントエージェントです。

有資格者のカウンセラーが自信を持ってお答えいたします。

 

最新情報をチェックしよう!

日本にいる間の必要な手続きの最新記事8件

>LINEで気軽に無料相談

LINEで気軽に無料相談

オーストラリアへの留学・ワーホリのご相談・お見積り等お気軽にお問合せくださいませ。
月曜日から金曜日/オーストラリア時間:朝10時から夕方6時まで営業しております。

CTR IMG