シェアハウスを選ぶ際のポイント

シェアハウスって何???

オーストラリアに来ているワーキングホリデーや学生などの短期滞在者の多くは、シェアハウスに住んでいます。このシェアハウスというのは、2LDKや3LDKのマンション、または一軒家の一部屋を借りてキッチンやバスルームなどは他人と共有で使用する住宅スタイルとなります。家賃の高いオーストラリアではこのシェアハウスは割かし普通で、現地のオーストラリア人でも他人とシェアしていることが多いです。
滞在方法の選択肢としてホームステイや学生寮で数週間滞在し、その後シェアハウスに切り替えたり、またはバッパーなどからシェアハウスに切り替えたり最終的に行き着くところがシェアハウスと言えます。

留学費用を抑えるコツーおすすめバッパー(バックパッカーズホテル)2019

最近、日本でもシェアスタイルの家が増えて人気がでてきているため、ご存知の方も多いと思いますが、自分のオウンルームがあってリビング、バス、トイレ、キッチンなどの共有スペースだけをシェアするものから、ベッドルームもシェアするものまで色々なスタイルがあります。

オウンルームとルームシェアの良い点・良くない点

オウンルーム

オウンルームは文字の通り、その部屋を1人で使うことができます。部屋には、ベッドや机、クローゼットなどが備え付けられています。また、割高になりますが部屋の中にバスルームがついているお部屋をマスタールーム(Master Room)といいます。

良い点
・プライベートが守られている
・比較的、他のシェアメイトに気を使わなくても大丈夫良くない点
・シェアメイトとの交流が少ない
・部屋にこもりがちになってしまう

ルームシェア

シェアルームは、その部屋を複数人(主に2人〜6人程)で一緒に使います。3人以上で共有するシェアルームには2段ベッドがあることが多いです。そして、ある程度広さがある部屋であれば、それぞれの机や収納スペースも備え付けられていますが、狭い部屋だと2段ベッドだけ並べられてある部屋の場合もあります。

良い点 
・シェアメイトとの交流が多い
・ホームパーティーやオーストラリアらしくBBQなどみんなでワイワイできる
・退去後も連絡を取り合うような長い付き合いができる友達に出会える可能性がある良くない点 
・プライベートが守られていない
・シェアメイトとの間でトラブルが起きやすい
・時間帯によってバス・トイレが混む場合がある

 

はじめ共同生活に不安があり、オウンルームがある部屋を中心に探していましたが、自分のお財布事情により、シティから電車で少し離れたところのオウンルームに住んでいました。しかし、学校に通学するのにも大変で友人と出かけるのが億劫になることがあったり、また映画やドラマで観るようなホームパーティーをする生活に憧れていたのに全く海外で生活している気がなれないことに気づき、自分の英語力を高めるためにも大人数でルームシェアができる家に移りました。それからはルームシェアの生活スタイルが意外と自分に合っていることに気づき、3-4人で一部屋をシェアする家を探すようになりました。値段も安いしどうせ寝るだけに帰るだけだし、オウンにこだわらなくても楽しく生活できました。
予算がないからルームシェアの部屋を選びました。清潔感だけはどうしても譲れず日本人だけ住んでいるところを選んでしまい、学校に行かない限りまったく英語を話さない生活を数ヵ月していました。楽だし安いし人も良くて居心地も最高に良かったけれど、やっぱりこのままじゃいけないと思い、オーストラリア人の女性とのシェアハウスでオウンルームを借りました。たまたまそシェアした方が私立の学校で先生をしていたためよく英語を教えてくれて(間違いを指摘してくれて)英語力が伸びたので引越ししてよかったです。

インターネットで部屋探し

シェアハウス探しはほとんどインターネットで行います。

以下のサイトを使ってシェアハウスを探すことができるので、ぜひ活用してみてくださいね。

・Gumtree(現地サイト)
「Real Estate」のカテゴリーから「Flatshare & Houseshare」や「Roomshare」を選んで検索してくださいhttps://www.gumtree.com.au/s-real-estate/c9296

・Flatmates(現地サイト)
有料会員になるとより多くのシェアハウスを見つけれますが、無料会員でも十分ですよ
https://flatmates.com.au/

↓サイトは日本人のオーナーが多いため日本語での掲載が多いです。

・日豪プレス (日本人向けサイト)
https://life.nichigopress.jp/syd/accommo/

・JAMS (日本人向けサイト)
https://www.jams.tv/classifieds/accommodations?keyword=&state=nsw

シェアハウス探しのポイント

必ずインスペクション(見学)をしましょう。実際見てみたら全然写真と違かったということも結構あります。
インスペクションのアポイントの際に必ず自分の簡単な自己紹介をしましょう。(例:名前、性別、年齢、いつーストラリアに来たか、ビザは何か、いつから入居したいか、どのくらい住みたいかなど・・・)自己紹介をすることによりオーナーから好印象を持たれ、優先的に入居させてもらえたりします。(結構大切なポイントです)

・家賃

家賃の中には光熱費や電気代、wi-fiは含まれているのか、その他の費用はあるかなどの事前確認は必要です。
大体週$140~$250くらいのところに住んでいる人が多い印象です。オーストラリアでは週単位で家賃を計算します。

・交通の便

家から最寄りの駅との距離や学校やシティまでかかる時間など、通学通勤に便利かチェックします。

・オーナーやシェアメイトの雰囲気

「どこに住むか」より「誰と住むか」が住み始めてからの居心地の良さに一番影響する気がします。
国籍や性別の違いで家の雰囲気が全く異なります。特になるべく落ち着いて生活をしたい方は毎晩パーティーをやっているようなシェアハウスではないかきちんと確認しましょう。

・ミニマムステイをチェックする

ほとんどのシェアハウスは、「最低2か月滞在しなくてはいけない」などのミニマムを設けています。
その期間が長すぎないか、またはもしトラブルが起きて、ミニマム期間内に引越しを望んだ場合、ボンド(初期費用)が戻ってくるのか、契約書はあるかなど細かく確認した方が良いです。

・ハウスルールはあるかどうか

異性や友達を招待してはいけないところなど独自にオーナーが決めたルールがあります。
厳しいところだと、キッチンは夜12時以降使わない、シャワーは〇分までなどのルールがあるそうです。
入居してからそんなの聞いていない‼とトラブルにならないようにしっかり確認しましょう。

・リビングに人が住んでいない/自分の鍵がもらえるか

シティ中心のシェアハウスには意外と多いのですが、リビングでカーテンだけで仕切られたところに住んでいる人がいる場合があります。それは違法ですのでトラブルの原因となることは避けた方が良いです。アジア系のシェアハウスでは鍵も共有するところもあるみたいなので、確認は必須です!

・バスルームが綺麗かどうか

個人的にバスルームの使い方でシェアメイトがどういう人かわかる気がします……。


まとめ

オーストラリアの留学生活では避けることができないシェアハウスライフ。
英語力をのばすため、異文化交流のためになるべく日本人のいないシェアハウスを選ぶも良し、清潔感を優先に決めるも良し、値段や立地で決めるも良し。大切な事は絶対妥協できない部分と自分の理想を常に照らし合わせることです。そして、今まで数人の生徒様から悪徳オーナーからボンド(敷金)を返してもらえないなどのトラブルを聞いております。必ず入居前にインスペクションをする・契約書をしっかり確認する・ボンドを支払った領収書を必ずもらう。この3つは絶対するようにしてください。

 

 

最新情報をチェックしよう!
>LINEで気軽に無料相談

LINEで気軽に無料相談

オーストラリアへの留学・ワーホリのご相談・お見積り等お気軽にお問合せくださいませ。
月曜日から金曜日/オーストラリア時間:朝10時から夕方6時まで営業しております。

CTR IMG